水溶性コラーゲンは普通のコラーゲンとどう違うの?

   

今回は皆さんご存知の美容成分でもある『コラーゲン』についてお伝えさせていただこうと思います。

コラーゲンが美容にいいという事はほとんどの方がご存知だと思いますが、そのコラーゲンがどうして美容に良いのか?や、どんな種類があるのかなど、コラーゲンの実際の効果や種類などの知識は無い方の方が多いのではないでしょうか?

ちなみにコラーゲンは以前から肌の水分を保持したり骨密度の低下を防いでくれる効果は確認されていましたが、2009年には京都府の大学教授らによって肌の修復等に重要な役割をしている可能性が高い事も確認されています。

これは取り入れなきゃ勿体無い!
是非最後まで読んでみてくださいね♪




コラーゲンの種類やメリットデメリットについて

●コラーゲンの役割とは?●
コラーゲンは元々人間の体内に存在する成分で、骨、軟骨、真皮、靭帯、腱などの人体の重要部位を構成しているタンパク質の30%をコラーゲンが占めていますので、人間の体には無くてはならない大切な構成要素と言えます。

ちなみにお肌の部分でわかりやすく言うと、細胞と細胞をつないでくれる接着剤であり、クッションにもなってくれている成分。
レンガとモルタルに例えて考えるとピンと来ていただけるかもしれませんね。
(↑この場合はレンガが肌の細胞、モルタルがコラーゲンです。)
なのでコラーゲンが減少してしまうと必然的にお肌のハリや弾力は低下してしまうのです。

peter-facebook / Pixabay

●コラーゲンと水溶性コラーゲンとは?●
コラーゲンは動物性、海洋性、植物性の3つに分かれますが、化粧品によく使われている『水溶性コラーゲン』は豚の皮などの動物の真皮を原料としており、
そのコラーゲン線維を酵素を使って低温で溶解します。
こうする事でコラーゲンの特徴でもあるらせん構造を壊さずに抽出できるのです。

ちなみに高温で溶解してしまうとらせん構造が壊れ、ゼラチンに変わってしまいます。
(ゼラチンに変わると馴染みにくくなる為化粧品にはあまり使用されません。)

一方、魚の真皮を原料とする『コラーゲン』は、酵素を使わずに弱酸性の低い温度の水溶液中で溶解し、水溶性コラーゲンを抽出します。
こちらは水に溶けにくい丈夫な構造。

ちなみに酵素は不純物を除去したり、若いコラーゲンをよく溶かしてくれるので、酵素で溶解したコラーゲンの方が性質・性能的には優れています。

さらに、水に溶けるコラーゲンを総称として『水溶性コラーゲン』という表現をされるケースもありますが、本来の意味ですとゼラチンやコラーゲンペプチドとは全然見た目も性質も異なる為、全くの別物として区別されるべきものと言えます。

コラーゲンと水溶性コラーゲンの違いを簡単に言うと、水溶性コラーゲンはお「らせん構造」をそのままに壊さず抽出したものを言い、らせん構造を壊して抽出したものをコラーゲンと言う事です。

●水溶性コラーゲンの特徴●
コラーゲンの純度が高く、粘りが強い。そして不純物がとても少ないというのが水溶性コラーゲンの特徴です。

ちなみに水溶性コラーゲンはコラーゲンの3重らせん構造を壊すことなく抽出されている為、コラーゲン本来の保湿、保水、ハリや弾力を保つ効果がそのまま保たれている為、らせん構造が壊れているコラーゲンよりも優れています。

しかしこのらせん構造を壊さないために分子は大きいのでお肌には浸透しにくい特徴も持ち合わせていますが、肌を丈夫にしてくれる働きもあるので肌表面を覆ってあげることで潤いやハリなどに効果を発揮してくれます。

さらに水溶性コラーゲンは消化性が良いために化粧品以外にもドリンクなどにも使用されています。

口から摂取すると、胃の中でゼラチンとなって、アミノ酸やペプチドへと変化し、腸に吸収されていきます。

古いコラーゲンを多く摂取すると、消化がされないものが残りやすいと言われていますが、水溶性コラーゲンは酵素によって新しいコラーゲンを多く含んでいるため消化に良いのです。

●水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンの違い●
水溶性コラーゲン以外に『加水分解コラーゲン』というコラーゲンも存在します。
あれこれ何種類もあって頭がこんがらがってしまいそうですが、結構簡単な話で、抽出方法と性質が異なると言うこと。

この『加水分解コラーゲン』はコラーゲンを一度ゼラチン化させてから加水分解をすることで精製するという抽出方法のコラーゲンのこと。

こちらはらせん構造が壊れていますので効能は低くなりますが、その分分子が細かいので水溶性コラーゲンより吸収、浸透はしやすいコラーゲンと言えます。

●安全性や不安材料について●
まずは気になる安全性についてですが、水溶性コラーゲンも加水分解コラーゲンも元はタンパク質ですし、体内に入ればアミノ酸とペプチドですので安全性の高い成分です。

しかし、ゼラチンアレルギーの対象となったり、製品によってはエビやカニを原料に含んでいる製品も存在するため、アレルギーを持っていらしゃる方は十分に注意していただく必要があります。

アレルギーの心配がない方でしたらほぼこれといった心配はないでしょう。

あとは界面活性剤なのではないかと心配される方もいらっしゃるようですが、どちらも界面活性剤ではないので安心して取り入れていただいて大丈夫です。

●まとめ●

①コラーゲンの効果はきちんと確認されている(保湿やハリ、弾力、修復等)
②コラーゲンと水溶性コラーゲンは違う
③水溶性コラーゲンはコラーゲンの構造そのままなので効能が高い
④コラーゲンより水溶性コラーゲンの方が効能は高いが浸透しにくい
⑤安全性の高い成分だが、ゼラチン、エビ、カニ等のアレルギーがある方は注意が必要
⑥界面活性剤とは違うので安心して使用可

簡単にまとめましたが、こんな感じでしょうか?

実際馴染み深いコラーゲンでしたが、種類によってメリットやデメリットが違い、こんなに奥が深いとは思わなかったのでは?

ではまだ取り入れていない方は飲んでもつけても効果を発揮してくれるコラーゲンのパワーを今日からでも取り入れて、いつまでも綺麗なお肌を保ちましょう♪



 -スキンケア,

  関連記事

乾燥肌にも効果あり?美容成分セラミドを豊富に含む食べ物を紹介

・最近肌がカサカサしちゃって ・くすみが気になる ・シミが増えてきた ・ツヤ肌とは縁が遠い など肌の

たかが水、されど水 (炭酸)水に潜む美肌効果が素晴らしい 塗る炭酸水って?

炭酸水には美肌効果がたくさんあります! 最近、スーパー・コンビニでたくさんの種類の炭酸水を目にします

美容成分アルブチンの美白効果とアンプルールのおすすめ化粧品

今回は美容に少しでも興味がある方なら一度は耳にしたことがあるであろう『アルブチン』についてお伝えさせ

ニキビは場所によって違う??正しく原因を理解して効果的な対処法を!

今回は、ニキビは場所によって原因が違うかもしれないということをお話ししていきたいと思います。 ニキビ

それ、待って!やってはいけないスキンケア あなたもダメケアやっているかも?

忙しくても朝晩のお肌のお手入れは欠かかさない、という人は多くいますが、実は、その中にやってはいけない

芸能人も多数愛用!rms beautyは必要な所だけに使用すれば大丈夫?

今回はモデルのミランダ・カーや道端ジェシカさん、梨花さん等もご愛用されているという【rms beau

お肌も断食?「肌断食」のやり方「グルテンフリー」と合わせ技で効果倍増?

しっかりお手入れしているのに、お肌の調子がよくない、と悩んでいる人はいませんか? もしかしたら、その

ホワイトショットインナーロックIXで顔だけでなく全身を美肌•美白に!

今回はポーラ化成工業株式会社が独自に見出した美白成分、『ブランノール』や傷みにくいメロンから抽出した

普通の化粧水と何が違う?ハトムギ化粧水の魅力と効果をご紹介

ハトムギ化粧水の魅力と効果をご紹介 肌が最近くすんできたなとお悩みの方へ。 美肌効果の高いものや美白

話題の美容成分プラセンタの効果 使用上の注意点献血が出来なくなる?

美肌効果が高いとして話題になっている美容成分のプラセンタ。 肌の悩みを一気に解消できるとして評価はと

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

芸能人も愛用?体内部のスキンケアから背中ニキビに効果的なニキビケアアイテムまとめ!

誰しも思春期に1度は悩まされた経験がある、肌や顔の「ニキビ」。   大人になっても生活習慣

ホワイトショットインナーロックIXで顔だけでなく全身を美肌•美白に!

今回はポーラ化成工業株式会社が独自に見出した美白成分、『ブランノール』や傷みにくいメロンから抽出した

芸能人も多数愛用!rms beautyは必要な所だけに使用すれば大丈夫?

今回はモデルのミランダ・カーや道端ジェシカさん、梨花さん等もご愛用されているという【rms beau

ホワイトマイクロパッチは6つの美容成分で家にいながらエステ級の美肌効果!

今回はシャンディの『ホワイトマイクロパッチ』についてお伝えしていこうと思います。   この

意外と飲み易い!?白井田七。かめの田七人参パワーで更年期を乗り切ろう!

今回は『白井田七。甕』(←シライデンシチ。カメ)というサプリメントについてお伝えしていきたいと思いま